妊娠中 葉酸サプリ いつまで

妊活中や妊娠中に必要な葉酸ってどんな成分なの?

妊娠している女性

 

よく妊活中や妊娠中には葉酸をたっぷり摂取した方がいいよと言われていますが、そもそも葉酸ってなんなのでしょうか。

 

まだ赤ちゃんを授かっていない女性にとって葉酸は本当に必要なのかも気になりますし、葉酸にはどんな成分が含まれていて、どんな効果が期待できるのかも知りたいですよね。

 

よくテレビCMをみていると妊婦さんには葉酸サプリがおすすめ〜なんて笑顔でいっている女優さんがいたりすますけど(笑)

 

このページでは妊活中や妊娠中に必要な栄養成分である葉酸について詳しくご紹介したいと思います。葉酸サプリを飲むのはいつまでなのかも具体的にご紹介しますね!

妊娠中に葉酸サプリはどうして必要なの?

妊娠中、特に妊娠初期には葉酸の摂取が大切と言われており、医師も葉酸サプリをとることを推奨していますし母子手帳にもそのように記載されています。

 

葉酸とはビタミンBの一種なのですが、別名造血ビタミンともいわれております。

 

葉酸は細胞の核に多く含まれている核酸をつくるのに必要となる栄養素です。

 

葉酸が不足していると、細胞分裂がうまくいかなくなってしまうのですが、この働きは妊娠中に赤ちゃんのDNAの形成や、細胞の分裂や成長にも大きく関係しています。

 

簡単に言ってしまえば、葉酸が不足すると赤ちゃんの成長がうまくいかなくなることがあり、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害などの先天性の奇形が起こる確率が上がるというのです。

 

食事からも葉酸の摂取はできますが、通常の食事の量で一日に必要なだけの葉酸を摂取するのはかなり難しいです。

 

妊娠中は非妊娠時の2倍、およそ400マイクログラムもの葉酸が必要となります。

 

しかし、これらの量を食事から摂ろうとすると、葉酸が多く含まれている野菜で摂っても焼く1キロほどもの量が必要になってしまいます。

 

更にこれらの食物の栄養素というのは、水で洗ったり火を通したりという調理の段階で大部分が失われてしまうことも多いため、非常に吸収率は悪いです。

 

よって、食事から必要量を摂取するというのは非現実的な問題になってくるため、効率よく栄養価を吸収できる葉酸サプリを飲むように厚生労働省も推奨しているのです。

葉酸サプリは妊娠中にいつまで飲むのが正しいの?

特に葉酸サプリの摂取が強く推奨されているのは妊娠初期ですが、例えば妊娠4週目なんかだとするとまだ妊娠に気づいていないママも多いです。

 

しかし、もうこのころから赤ちゃんの細胞分裂は始まっており、初期は特に大切な時でありますから、妊娠中のみならず妊娠を計画している段階から飲んでいると飲み忘れもなくいいですね。

 

そして、いつまで飲むのが必要かという事ですが、これは妊娠中期も後期もずっと飲んでいた方がいいですね。

 

赤ちゃんはお腹の中で何度も細胞分裂を繰り返して大きくなっていきます。

 

この細胞分裂に必要な栄養素が葉酸ですから、妊娠中はずっと必要なものと言えます。
葉酸は貧血予防や、流・早産の予防、妊娠高血圧症候群の予防、免疫機能や消化管機能の向上にも効果があると言われています。

 

妊娠するとお母さんは血液の量が増えることで非常に貧血になりやすくなります。

 

中期や後期になると、特にこの貧血による体の不調を訴える妊婦さんは多くなりますので、葉酸の摂取はとても大切です。

 

「妊娠高血圧症候群」というのも最近は増えているそうです。

 

リスク因子として、肥満や妊娠中の急激な体重の増加、食生活の乱れや高齢出産なども挙げられるようなのですが、食生活に関しては妊娠中は味覚が変わったりやたらと空腹感を覚える、または食べないと気持ち悪い吐きづわりなど、通常時に比べてコントロールが難しくなってくるのも事実です。

 

こういう事で起こりやすくなる妊娠高血圧症候群にも効果があるということですから、葉酸を摂取していると少し安心できますね。

 

一日1000マイクログラムを超えるような過剰摂取となると避けたほうが賢明ですが、推奨されている量は妊娠期間ずっと摂れるようにサプリは飲み続けた方が良いです。

 

page top